にょブログ

    ARTICLE PAGE

    スポンサーサイト

    スポンサー広告
    • comment-
    • trackback-
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    小さな朝採れたまごは新鮮なうちに・・・

    メダカ
    • comment0
    • trackback-

    我が家のメダカちゃんたちは、今日も元気に卵を産んでいます。



    上の画像は第一世代のメダカ。一番新しい子たちから見たら、祖父母にあたります。昨年の秋にもらってきたときはまだまだ小さかったメダカたち。第一世代は いまでは丸々としていて、貫禄があります。第一世代から生まれた第二世代もすっかり大人になって、たくさん卵を産みます。


    朝起きて水槽を覗くと、母メダカがいくつも卵をお腹にくっつけて泳いでいます。


    「また産んでるー!」


    水槽内に産み付けられた小さな卵は、無色透明で直径2mm程度。


    見えますか?


    f:id:casaranew3:20170805070646j:plain


    この小粒感。カーテンの光にかざします。


    f:id:casaranew3:20170805070607j:plain


    指で触ると硬く、プラスチックみたいです。


    指で触ってブヨブヨと柔らかいものは孵化しません。白く白濁したものもだめです。これらは 生まれつきだめか、無精卵などです。この硬い無色透明のものだけを、孵化用水槽に移します。


    日にちが進むと、この卵の中に小さな目がうっすら二つ浮かび上がり、次第にメダカの稚魚が見え始めます。孵化すると、ピョ~ンと針の先のような稚魚が卵を割って飛び出します。卵にはまだ栄養が残っていて、孵化してしばらくは卵の殻をお腹につけたまま泳ぎ、そこから栄養を取ります。


    2~3日すればその卵も見えなくなり、人工の餌も指ですりつぶしたものを与えると、食べ始めます。稚魚の水槽で泳がせていると、数日もすれば太り始め、メダカの形になっていきます。第一世代・第二世代とは別の水槽に入れています。動くものを口に入れる習性がメダカにあるので、あまりに小さな稚魚は、彼らに食べられてしまうからです。


     


    一般的に(熱帯魚などと比べて)簡単と言われているメダカの飼育ですが、手間もそれなりにかかります。奥が深いですね。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Comments - 0

    コメントを書く

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。